Lenz Environmental Resources Co.,Ltd.

プリンスAFTF型トラックをバックにした櫻井眞一郎

会社の社運がかかっていた車で1500台売れ、プリンス自動車を不動のものにした第一号車。昭和30年5月頃、二子玉川二子橋付近。


国際記録に挑むR380-Ⅱ

1967年10月8日。矢田部JARI試験場にて。1965年10月に日本初のプロトタイプ・レーシングカーR380A-1が国際スピード記録に挑戦したが、コースが自動車国際連盟の未公認コースだったため未公認国際記録だった。1967年10月8日にR380-Ⅱ(第4回日本GP出場車と同型、227ps/8400rpm)で横山 達がドライバーを務め7つの国際スピード記録を更新した。


国際スピード記録に挑戦したニッサンR380-Ⅱ

1966年8月、プリンス自動車は日産自動車と合併し、R380はニッサンR380になった。クルマも更に戦闘力を高めるためR380-Ⅱへ進化した。全幅を95mm拡大し、全高を50mm減らしボデーパネルをアルミからFRPに変更した。コックピットは丸みを帯び、ドアは跳ね上げ式のガルウイングタイプとした。局面を多用した流れるような形として空力特性の改善を図った。ウイークポイントだったトランスミッションをヒューランドからZFに変更して耐久信頼性を高めた。
全長:3980mm 全幅:1685mm 全高:985mm 車重:640kg シャシー:鋼管スペースフレーム
ボディー:FRP トランスミッション:ZF5速マニュアル エンジン:GR8 1996cc 最高出力:245ps